レーザー治療

体の一部に痛みや痒みなどの不快な症状があるだけで、人は特定の行動をするのが嫌になったり、自分でそれに関する生活の一部を制限してしまうといったことは少なくありません。
例えば、口内炎ができたときに、物を口に入れるのが嫌になったり、しょうゆを使うお刺身などを控えたりするといった行動に出る人もいます。
また、腰痛を持っている人は非常に多く、そのような人にとっても痛みによって生活が制限されていることがあります。
例えば、買い物をしに出歩くのが嫌になったり、腰が痛いがために起きられないこともあるという人もいます。
このようなつらい腰痛を改善できると、それまでよりも快適に楽しく毎日を送ることができるようになります。

腰の痛みを解消するためには、病院などで専門の治療を受けることもひとつですが、自分でできることもあります。
それは減量と筋肉をつけることのふたつです。
まず、肥満は腰や膝などの関節の痛みを持つ人にとっては大敵です。
なぜなら、体に余計な脂肪がついていることで、体の各部位に負担がかかってしまうからです。
そのため、BMIが25を超えるような体格の人は、BMIが22になることを目標にして体重を落としていく必要があります。
また、筋力が低下することによって引き起こされる腰痛もあります。
特に年齢を重ねることによって運動する機会が減ると、体を支えている筋肉が衰えがちです。
筋肉が衰えてしまうと、体の各部位にかかる負担が大きくなり、それが原因で痛みがでることもあるので、筋トレが重要です。