保険適用で手術

誰しもが一度は経験した事があるであろう、腰の痛み。この痛みは年代を問わずに襲いかかる。
特に働く世代には、難敵中の難敵である。マッサージやストレッチにより、一時的に痛みが緩和してもまたぶり返す。
セルフケアでは、根本的な疼痛緩和には至らない。しかし、働く世代は仕事に追われ、なかなか痛みを取る時間もない。
だから痛みを引きづり、痛みが増強すると仕事にならない。こんな事は日常茶飯事だ。
しかし、腰痛は感知しない疾患で無い事は誰しもが知る事実。だからこそ、ついつい放置気味になる。
しかし痛みが増強したあげくには、立っている事がツラい。更には、下肢のシビレも誘発する。
様々な要因が絡み合い、次第に根本治癒が遠のいて行く。これでは、気持ちはあっても仕事にならない。

働く世代にとって腰痛は、仕事のパフォーマンスを著しく低下させる事は先に述べた。ではどうすれば良いのか。
答えは単純明快だ。痛みの有るうちは、仕事より治療を優先する事だ。
痛みを抱えたまま低いパフォーマンスを続ける事より、一時的には生産性はが落ちても治療を優先する事だ。ベストな状態で仕事が出来るならば、一時的に落ちた生産性を挽回する事は十分可能だ。
更には、痛みがあるうちは徹底的にプライオリティにこだわる。優先度の低い仕事は後回しにして、重要度の高い仕事を徹底的に消化して行く。
そして時間を捻出し、治療にあてる。長期間低いパフォーマンスをするより、効率的で効果的な戦略となる。
根本治癒が達成出来れば、その後は維持をすればいい。腰痛は治らない物ではないのだから。