カテゴリー: 未分類

女性が気にするシミについて

女性にとって、美白で美肌なお肌を保つことが重要視されていると思います。私自身もシミのない、美白で美肌なお肌でありたいと思っています。

私は、市販の薬局でも販売されているシミ取りクリームを使用しているのですが、重要なのはいかに高いシミ取りクリームを使うかではなく、どのようにしてシミ取りクリームをお肌に塗るかが重要になってきます。

シミ取りクリームをお肌に塗る際に、ゴシゴシ強く擦ってしまったり、中々シミが取れないからといって毎日同じ部位に塗り続けていると、逆にシミが出来る原因となったりしてしまいます。

その為、お肌にシミ取りクリームを塗る際には、出来る限り刺激を与えないように優しく塗ることが大切です。そして、持続して塗ることも大切ではありますが、時にはお肌を休ませることも必要です。

オススメのシミ予防として、毎日日焼け止めを塗り日焼け対策を怠らないことと、洗顔やお肌のケア全般を時間を掛けて丁寧に行うことが一番です。

それでも頑固に消えないシミに関しては、化粧の際にコンシーラーやファンデーションなどで隠すことも出来ます。ただ、そこまで気になっていない小さくて薄いシミなどであるならば、そのシミが濃くなったり悪化しないようにする為にも、コンシーラーやファンデーションなどで余計な刺激を与えない方が良いです。こちらもどうぞ⇒http://www.bestfreeandroidapps.biz/

肌を刺激するのをやめた結果・・・

肌の吹き出物ができて困っている女性は少なくありません。

顔にできる吹き出物は隠しようがなく目につくので恥ずかしいですよね。

体にできる吹き出物は服で隠すことができるのに比べ顔の吹き出物は辛いと思います。

メイクで吹き出物を隠すと吹き出物の治りが遅くなったり、新たに吹き出物ができたりして困惑するでしょう。

この面倒な吹き出物の解消は簡単にはできません。

一時的な吹き出物の場合は生活習慣を改善することで治ることが多いですが、慢性的な場合簡単に解消できないでしょう。

シミで悩んでいる場合にはシズカゲルの口コミ体験談を見ると使ってみようかなってなりますけどね。

私は顔よりも体に吹き出物が出やすく悩んでいました。

体にできる吹き出物は先ほども言ったとおり衣類で隠すことができるため放置しがちです。

だけど放置している間は根本的な解決とはほど遠く吹き出物の悩みは続きます。

しかし現在私の体には気になる吹き出物が無い状態です。

なぜ現在吹き出物が無い状態なのかと言えば肌を過剰に刺激しなくなったからです。

吹き出物ができていた頃は、肌が汚れているからこうなるんだ!と一生懸命肌をこすり洗いしていました。

垢がたくさん出れば出るほどはだがきれいになるんだと垢すりに通っていたこともあります。

これをやめたら徐々に吹き出物が消えましたよ。

日焼け止めの選び方について

紫外線が気になる季節になってきました。

私が生活している地域は、年中を通して紫外線を常に避けられない環境にあるため、私は日焼け止めを選ぶときは「SPF35」から夏場は、必ず「SPF50」のものを使います。

しかし、紫外線カットの数値が高いからといって肌に良いわけではないです。

はりきって顔に重ね塗りをしてしまいますと、肌がつっぱってきてしまい、メイク落としでも強い洗浄力のものに頼ってしまうことになります。これは肌には負担がかかってしまいます。

私が毎年使っているのは、ファンケルさんの「サンガード50+bプロテクトUV」です。無敵な日焼け止めと自分では思ってますが、ウォータープルーフ仕様なので、市販の洗顔料では一度に落とせないという事があります。

ここで、肌が弱い方はSPF数値が低くても肌に優しいファンケルの「無添加FDR」シリーズが良いと思います。

内容量に対して、やや価格もはりますがSPF25ですし、紫外線防止はばっちりしてくれます。

私の子供がアトピー肌なので、ここのシリーズは親子で使えるのもかなり利点になってます。親子で使えるスキンケア商品はありがたいです。

気に入ったものを長く使えることが、一番肌に良いのかもしれません。

シミができたらシミ取りクリームを使うのが良いです。

シミ取りクリームランキングなどを参考に良いものを選べると良いです。

おすすめはアンプルールとかビーグレンとか。

ネットでチェックしてみるとよいでしょう。

脱クレンジングで美肌になる

スキンケアで気を付けていることは、「クレンジングを使わない」です。

20代アラサーですが、季節に限らずお肌の調子が長年ボロボロでした。
キメが整っていないとかではなく、見るからにニキビ肌。
色白なこともあり、かなり目立っていました。

夏は「お肌が脂っぽいからニキビができるのかな」
冬は「お肌が乾燥しているからニキビができるのかな」
といった具合に、年がら年中ボロボロ。

今までは保湿をしよう、高級な美容液を使おう等対策してきましたが、
正直まったく効き目はありませんでした。

そんなとき、ふと目に留まったのが、安達祐実さんが表紙の「クレンジングをやめたら肌がきれいになった」
という本です。

オイルクレンジングでおもいっきり洗い落とすのが好きな私にとっては、
クレンジングを使わないなんて想像もつきませんでした。

でもそんなことも言っていられないほどの肌の状況で、
本を見たその足でMiMCのファンデーションを購入しに行きました。

以前のベースメイクと洗い方は
・ニキビができにくい処方のされている色味のある下地
・お粉
・オイルクレンジングで、角栓が浮き出てぽろぽろしてくるまで入念に洗顔

いまのベースメイクと洗い方は
・MiMCのヴァーム
・MiMCのファンデーション
・rmsのお粉
・石鹸をもこもこに泡立てて優しく洗顔

今では、たまにニキビができる程度で、かなり落ち着きました。
キメも整ってきて、ファンデーションはかなりの薄付きにしています。

脱クレンジングで美肌になる。
これが、スキンケアで気を付けていること・実践していることです。

美肌になるためにはお通じを良くするのが近道

女性の8割が悩んでいるという便秘。

この便秘が酷くなるとお肌もガサガサになってしまうと言うことをご存知ですか?便がお腹の中に溜まりに溜まってしまうとぽっこりお腹の原因にもなってビジュアル的にも女性にとっては良いものではありません。

けれどもそれ以上に困ってしまうのが肌荒れなのです。

便は長い間腸の中に溜まっているとやがては毒素を出す宿便へと姿を変えていきます。宿便から出た毒素は腸壁から血管の中に入り込み血液に乗って内臓に届きます。

毒素のせいで内臓の基礎代謝は下がってきますので、それと同時に古い肌の細胞を入れ替える新陳代謝も落ちていきます。古い細胞が新しい細胞に入れ替わらないため、これも肌荒れの原因になります。

また、血管に入り込んだ毒素はやがて血管から毛細血管へと移動し最後は私たちのお肌にたどり着きます。お肌に老廃物から出た毒素が届くのですから、これはお肌に良いはずがありません。

毒素がやがてお肌に溜まって行くと当然がさがさになってしまったりツヤや張りのない肌になってしまいます。便秘の原因は不規則な生活、偏った食事、そして運動不足などが考えられます。

美肌のために何万円もする化粧品を買う人がいますが、美肌になる近道というのは実は規則正しい生活なのです。そういった肌荒れの原因を断つような生活をしていると年齢を重ねながらも逆に美肌になっていくという理想的な歳のとり方が可能になります。