月別: 2018年11月

どうも苦手なオーガニックナチュラル系のコスメたち

最近よく聞く、オーガニック商品。「無添加で人体にも自然にも優しく作られています」などといった謳い文句の商品が流行していて、シャンプーからボディソープ、基礎化粧品からメイクアップまで・・・。

消費者も、それを望んでいるのでしょうけれども、どうも私の肌には合いません。

どう合わないかと申しますと、まず、使ってすぐに皮膚にかゆみがでます。シャンプーも、基礎化粧水も、つけた瞬間から違和感が。

それでも、オーガニック物は安いお買い物ではないので、我慢して使い続けるのですが、一回使用しただけで、頭皮にしっしんができたりします。

どうも、体質がアレルギー体質なので、自然の物がそのまま使用されたものは合わないようです。

ですので、花粉症の方や、なにかしらのアレルギーのある方は気を付けて使用されたほうがよいと思います。

アロマの香りのシャンプーなどは香りもよくて、本当に心地よい気分になるので使い続けたいのですが、残念ながら、わたしの肌には合いません。他の方は大丈夫なのでしょうか。。

むしろ調子が良くなったというクチコミのほうが多いので、うらやましい限りです。

ハンドクリームですら、天然のアロマオイルを配合されているものは赤くヒリヒリしてしまうので、花粉症でアレルギー体質のわたしは、オーガニックを買わないようにしています。購入はこちら>>>>>ラメラエッセンスC 効果と口コミ

念入りなハンドプレスで肌の手入れをする。

秋冬のスキンケアで重視していることがあります。

それは肌が乾燥しないようにしっかりと念入りに保湿することです。

夏以外の時期はハンドプレスで化粧水と乳液を肌につけて、顔に叩き込むようにするのではなく馴染ませるように手のひらの体温を使って時間を掛けて肌に浸透させるようにしています。

私の経験上、手のひらの温度を使って化粧水、乳液を塗り込むと潤う時間がコットンで塗ったときより持続時間が長くなるのでそうしています。

私の肌は混合肌でTゾーンがテカりやすく、顔の下半分は乾燥しやすいアンバランスな肌質なのでスキンケアにおいて顔の下半分はとくにしっかりと保湿をするように心がけています。

Tゾーンは洗顔でもスキンケアでもケアをしすぎないようにあえて軽めにケアしています。

皮脂を落としすぎるとかえって乾燥してニキビが出来る原因になることがあるので、軽く洗う程度です。

Tゾーンに乳液を塗りすぎたりしてしまうと反対に毛穴が詰まってニキビができたりするので、軽く構う程度です。

ケアの仕方は1年中同じでとくに夜の時間があるときはゆっくり時間を掛けて肌を労わります。

化粧水も乳液も、肌質維持のためであれば量はケチらずに使います。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>DUO 口コミ