脱クレンジングで美肌になる

スキンケアで気を付けていることは、「クレンジングを使わない」です。

20代アラサーですが、季節に限らずお肌の調子が長年ボロボロでした。
キメが整っていないとかではなく、見るからにニキビ肌。
色白なこともあり、かなり目立っていました。

夏は「お肌が脂っぽいからニキビができるのかな」
冬は「お肌が乾燥しているからニキビができるのかな」
といった具合に、年がら年中ボロボロ。

今までは保湿をしよう、高級な美容液を使おう等対策してきましたが、
正直まったく効き目はありませんでした。

そんなとき、ふと目に留まったのが、安達祐実さんが表紙の「クレンジングをやめたら肌がきれいになった」
という本です。

オイルクレンジングでおもいっきり洗い落とすのが好きな私にとっては、
クレンジングを使わないなんて想像もつきませんでした。

でもそんなことも言っていられないほどの肌の状況で、
本を見たその足でMiMCのファンデーションを購入しに行きました。

以前のベースメイクと洗い方は
・ニキビができにくい処方のされている色味のある下地
・お粉
・オイルクレンジングで、角栓が浮き出てぽろぽろしてくるまで入念に洗顔

いまのベースメイクと洗い方は
・MiMCのヴァーム
・MiMCのファンデーション
・rmsのお粉
・石鹸をもこもこに泡立てて優しく洗顔

今では、たまにニキビができる程度で、かなり落ち着きました。
キメも整ってきて、ファンデーションはかなりの薄付きにしています。

脱クレンジングで美肌になる。
これが、スキンケアで気を付けていること・実践していることです。

美肌になるためにはお通じを良くするのが近道

女性の8割が悩んでいるという便秘。

この便秘が酷くなるとお肌もガサガサになってしまうと言うことをご存知ですか?便がお腹の中に溜まりに溜まってしまうとぽっこりお腹の原因にもなってビジュアル的にも女性にとっては良いものではありません。

けれどもそれ以上に困ってしまうのが肌荒れなのです。

便は長い間腸の中に溜まっているとやがては毒素を出す宿便へと姿を変えていきます。宿便から出た毒素は腸壁から血管の中に入り込み血液に乗って内臓に届きます。

毒素のせいで内臓の基礎代謝は下がってきますので、それと同時に古い肌の細胞を入れ替える新陳代謝も落ちていきます。古い細胞が新しい細胞に入れ替わらないため、これも肌荒れの原因になります。

また、血管に入り込んだ毒素はやがて血管から毛細血管へと移動し最後は私たちのお肌にたどり着きます。お肌に老廃物から出た毒素が届くのですから、これはお肌に良いはずがありません。

毒素がやがてお肌に溜まって行くと当然がさがさになってしまったりツヤや張りのない肌になってしまいます。便秘の原因は不規則な生活、偏った食事、そして運動不足などが考えられます。

美肌のために何万円もする化粧品を買う人がいますが、美肌になる近道というのは実は規則正しい生活なのです。そういった肌荒れの原因を断つような生活をしていると年齢を重ねながらも逆に美肌になっていくという理想的な歳のとり方が可能になります。