私の毎日のスキンケアに欠かせないもの

毎日のスキンケア、やらなければいけないとわかっていながらも面倒の方が勝ってしまいそのまま就寝。。。ということも少なくないはず。

…私もその一人です。

子育てに追われて家事もたくさん、毎日の仕事にもへとへと。

疲れは顔に出てしまいますからスキンケアはとても大事です。そんなことはわかっているのですが難しい。。

そんなずぼらな人におすすめの商品があったんです!

使い方はお風呂のあとにシズカゲル(http://www.paddle2live.org/)を使うだけ。

そのパック一つで 化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックの効果があるんです。

お風呂のあとにそのパックをして、着替えたり髪の毛を乾かしたり。。。

その間にあっという間にスキンケアが完了してしまうのです。

夜用も朝用もあるので疲れた夜も忙しい朝もこれ一つで完璧なスキンケアができます。

私のスキンケア術は本当に、いかに楽してスキンケアできるか。

ほかにやることたくさんありますから。

スキンケアだけに時間とお金をかけていられません。

よく言われることなのか、私よく聞くことなのか、

高い化粧水をケチって使うより、安い化粧水をぱしゃぱしゃ使え

と聞いたことありませんか?

化粧水はそれほど重要ではないそうです。

肝心なのは、お風呂からあがって、乾燥が始まってからいかに早く保湿するか

だそうです。

短ければ短いほど浸透していくため、安い化粧水でいいからぱしゃぱしゃ使う。

それから乳液や美容液を丁寧に塗り込んで、うるおいを閉じ込めるのだそうです。

丁寧にやればそれはもちろんいいこと。

それはお休みの日や時間があるときに『特別コース』として行いましょう。

でも日々のスキンケアは、いかに早く楽に仕上げれられるか

にあると思いますので、先ほど紹介した、パックをするだけでスキンケアが完了するような

そんな商品を駆使してお肌をきれいに保ちましょう!

髪は女の命と言われていますので、、

私がヘアケアで気をつけていることは、まず髪を洗う前にブラッシングして、良く髪をといてから、洗う際はぬるま湯で汚れを充分に洗い流してから、500円玉大に手のひらに乗せたシャンプーを良く泡立ててから直接地肌には付けず、爪を立てないように、ゴシゴシしないように洗うようにしています。

また、シャンプー、コンディショナーについても無添加のものや界面活性剤があまり使われていないものを選ぶようにしています。

また私はヘアオイルやアウトバストリートメントを使用して髪にうるおいを常に与えるようにしています。ヘアオイルはエメリルオイルっていうんだけど、パサつきがあるとそれだけで疲れている印象になったり、加齢のイメージを見た目で与えてしまうので、表面がツヤツヤになるように心がけています。

また、ドライヤーで髪を乾かす際も、髪に温風を近づけすぎないようにし、適度に乾かし終わった後は、冷風を当ててキューティクルを引き締めるようにしています。

また、ドライヤーの種類もマイナスイオンの出るものにしています。市販の安いシャンプーやコンディショナーだと、敏感肌の私はすぐにフケが出てしまったり、髪がバサバサになってしまうため、少し高いですが美容室専売品を購入するようにしています。

お風呂でバストマッサージ

バストの形は、年齢とともにどうしても崩れてくるものですよね。

重力には逆らえません。

でも、バストの形はお手入れをしていればきれいに保つことも可能だと思います。

なにもしないより、丁寧にケアしてあげたほうがバストのためですよね。

わたしは、お風呂でバストマッサージをしています。

お友達から教わった方法と、WEBで見た方法をミックスして、自分なりにマッサージしています。

まず、お風呂に入る前にリゾレーヌゼリーというバストアップに効果があると言われている成分が入ったゼリーを飲みます。(口コミ⇒http://www.medialiteracyfair.org/)お風呂に入って温まったら、バストを脇から真ん中に寄せるようにマッサージします。このとき、脇からバストをはがすようなイメージでやるのがこつです。

このバストマッサージは、バストアップだけでなく、リンパの流れをよくするのにも効果的だそうです。

これを、左右10回ずつくらいやります。

最初は、ちょっと痛く感じることもありますが、それはリンパの流れが悪いからかもしれません。

なれてくると、気持ちよくできるようになります。

そして、両側からバストを寄せるように持ち上げてマッサージします。

これは、バストアップと形を整えるために効果があると思います。

バストをアップしながら、リンパのケアもできるお風呂でのバストマッサージ、もう1年以上続けています。

他にも、サイズの合ったブラをしたり、ナイトブラをつけたりして、バストのケアには気を使っています。

手をかければ、バストもきれいになってくれるはず。そう思ってバストマッサージをこれからも続けていきたいです。

手や顔が濡れていても使えるクレンジングを探して・・・

無印良品のクレンジング

私は入浴中に洗顔します。
洗面台で洗顔すると、周りにお湯が飛び跳ねないように気を付けないといけないのが面倒だからです。

でも、お風呂に入ると、手や顔が濡れてしまい、そのままクレンジングをすると、お化粧が十分に落ちないことがあります。
そこで、アットコスメで手が濡れていても使えるクレンジングを探したら、見つけたのが、無印良品のマイルドオイルクレンジング。

無印良品というと、ホホバオイルが有名ですが、マイルドオイルクレンジングは大容量でお買い得。
BBクリームなどの私の簡単なメイクなら十分に落ちました。

けれど、洗顔後に乾燥してしまうので、同じ無印良品のマイルドジェルクレンジングに変えてみました。
これも濡れたまま使えるし、メイクも落ちるし、洗顔後もしっとりとした感じでとても気に入りました。

カウブランドのメイク落としミルク

無印良品のクレンジング自体は問題なかったのですが、買うのが少々面倒でした。
うちからは無印良品のお店は遠く、ファミリーマートにあるのは携帯サイズだけ。
公式サイトで注文となると送料がかかるので、LOHACOで1900円以上まとめ買いして、送料無料になるようにしていました。

そこで、あらためて、アットコスメで他にも濡れていても使えるクレンジングを探していたら、見つけたのがカウブランドの無添加メイク落としミルク。
これなら近所のスーパーやドラッグストアで買えるし、私の予算範囲内。
でも、早速、使ってみたら、メイクの落ち具合がイマイチ。

濡れても使えるとボトルに書いてあるのにガッカリしましたが、思い付いて、お風呂に入ったら、手も顔も濡れないうちに洗顔してみることにしました。
そうしたら、大成功で、しっかりお化粧が落ちていました。
そして、洗顔後も顔が突っ張らないので、しばらく使うことにしました。

どろあわわ

泡の洗顔として有名な「どろあわわ」。もこもこタイプの洗顔フォームで一番有名です。

私もこれ使ったときに毛穴まできれいになっているのがわかってとてもワクワクしました。一度使ったら手放せないのでみんなに使ってほしいです。

どろあわわの詳しい内容は別サイト(⇒http://www.thebeeinc.com/)に記載しましたので気になる方は是非チェックしてみてください。

ニキビとかあるときにはファンケルのアクネケアシリーズがいいと思うけど、一般洗顔ならどろあわわ一択で大丈夫だと思います。

どうも苦手なオーガニックナチュラル系のコスメたち

最近よく聞く、オーガニック商品。「無添加で人体にも自然にも優しく作られています」などといった謳い文句の商品が流行していて、シャンプーからボディソープ、基礎化粧品からメイクアップまで・・・。

消費者も、それを望んでいるのでしょうけれども、どうも私の肌には合いません。

どう合わないかと申しますと、まず、使ってすぐに皮膚にかゆみがでます。シャンプーも、基礎化粧水も、つけた瞬間から違和感が。

それでも、オーガニック物は安いお買い物ではないので、我慢して使い続けるのですが、一回使用しただけで、頭皮にしっしんができたりします。

どうも、体質がアレルギー体質なので、自然の物がそのまま使用されたものは合わないようです。

ですので、花粉症の方や、なにかしらのアレルギーのある方は気を付けて使用されたほうがよいと思います。

アロマの香りのシャンプーなどは香りもよくて、本当に心地よい気分になるので使い続けたいのですが、残念ながら、わたしの肌には合いません。他の方は大丈夫なのでしょうか。。

むしろ調子が良くなったというクチコミのほうが多いので、うらやましい限りです。

ハンドクリームですら、天然のアロマオイルを配合されているものは赤くヒリヒリしてしまうので、花粉症でアレルギー体質のわたしは、オーガニックを買わないようにしています。購入はこちら>>>>>ラメラエッセンスC 効果と口コミ

念入りなハンドプレスで肌の手入れをする。

秋冬のスキンケアで重視していることがあります。

それは肌が乾燥しないようにしっかりと念入りに保湿することです。

夏以外の時期はハンドプレスで化粧水と乳液を肌につけて、顔に叩き込むようにするのではなく馴染ませるように手のひらの体温を使って時間を掛けて肌に浸透させるようにしています。

私の経験上、手のひらの温度を使って化粧水、乳液を塗り込むと潤う時間がコットンで塗ったときより持続時間が長くなるのでそうしています。

私の肌は混合肌でTゾーンがテカりやすく、顔の下半分は乾燥しやすいアンバランスな肌質なのでスキンケアにおいて顔の下半分はとくにしっかりと保湿をするように心がけています。

Tゾーンは洗顔でもスキンケアでもケアをしすぎないようにあえて軽めにケアしています。

皮脂を落としすぎるとかえって乾燥してニキビが出来る原因になることがあるので、軽く洗う程度です。

Tゾーンに乳液を塗りすぎたりしてしまうと反対に毛穴が詰まってニキビができたりするので、軽く構う程度です。

ケアの仕方は1年中同じでとくに夜の時間があるときはゆっくり時間を掛けて肌を労わります。

化粧水も乳液も、肌質維持のためであれば量はケチらずに使います。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>DUO 口コミ

年中ぬるま湯洗顔!仕上げは水で洗顔です!

春夏秋冬ぬるま湯で洗顔し、仕上げに水洗顔することを続けています。

真冬にぬるま湯洗顔や水洗顔はちょっとつらいですがやっているうちに必ず慣れますよ。

心臓が弱い人や高血圧の人にはオススメできないスキンケアなので健康な人だけに試してもらいたいです。

年をとったらとった分だけ体の中の水分量が減っていることは多くの人が知っていますよね・・・。

体の中の水分量が減ってくるということは肌の水分量もそれに比例するということなんですよ。

肌の水分量が減れば、シミが濃く見えたりシワができやすくなりスキンケアも時間がかかることでしょう。

だけどスキンケアに時間をかけても肌や体の中の水分量が増えるわけではないんです。

「洗顔に使うお湯の温度を限界まで下げて最後は水洗顔でフィニッシュ!」水の冷たさで毛穴が閉じて、肌から水分が蒸発するスピードがゆっくりになりますし、肌のキメも整いやすくなりますよ。

慣れるまではヒヤッとするしストレスに感じるかもしれないけど、慣れると水の冷たさが気持ちよく感じられます。

サウナで水風呂に入ると毛穴がキュッと閉じて肌がぎゅっと縮こまる感じと同じ・・・水風呂がクセになっている人はその肌感覚がたらないのです。おすすめサイト>>>>>HADARI はだりは口コミに効果の情報

女性が気にするシミについて

女性にとって、美白で美肌なお肌を保つことが重要視されていると思います。私自身もシミのない、美白で美肌なお肌でありたいと思っています。

私は、市販の薬局でも販売されているシミ取りクリームを使用しているのですが、重要なのはいかに高いシミ取りクリームを使うかではなく、どのようにしてシミ取りクリームをお肌に塗るかが重要になってきます。

シミ取りクリームをお肌に塗る際に、ゴシゴシ強く擦ってしまったり、中々シミが取れないからといって毎日同じ部位に塗り続けていると、逆にシミが出来る原因となったりしてしまいます。

その為、お肌にシミ取りクリームを塗る際には、出来る限り刺激を与えないように優しく塗ることが大切です。そして、持続して塗ることも大切ではありますが、時にはお肌を休ませることも必要です。

オススメのシミ予防として、毎日日焼け止めを塗り日焼け対策を怠らないことと、洗顔やお肌のケア全般を時間を掛けて丁寧に行うことが一番です。

それでも頑固に消えないシミに関しては、化粧の際にコンシーラーやファンデーションなどで隠すことも出来ます。ただ、そこまで気になっていない小さくて薄いシミなどであるならば、そのシミが濃くなったり悪化しないようにする為にも、コンシーラーやファンデーションなどで余計な刺激を与えない方が良いです。こちらもどうぞ⇒http://www.bestfreeandroidapps.biz/

肌を刺激するのをやめた結果・・・

肌の吹き出物ができて困っている女性は少なくありません。

顔にできる吹き出物は隠しようがなく目につくので恥ずかしいですよね。

体にできる吹き出物は服で隠すことができるのに比べ顔の吹き出物は辛いと思います。

メイクで吹き出物を隠すと吹き出物の治りが遅くなったり、新たに吹き出物ができたりして困惑するでしょう。

この面倒な吹き出物の解消は簡単にはできません。

一時的な吹き出物の場合は生活習慣を改善することで治ることが多いですが、慢性的な場合簡単に解消できないでしょう。

シミで悩んでいる場合にはシズカゲルの口コミ体験談を見ると使ってみようかなってなりますけどね。

私は顔よりも体に吹き出物が出やすく悩んでいました。

体にできる吹き出物は先ほども言ったとおり衣類で隠すことができるため放置しがちです。

だけど放置している間は根本的な解決とはほど遠く吹き出物の悩みは続きます。

しかし現在私の体には気になる吹き出物が無い状態です。

なぜ現在吹き出物が無い状態なのかと言えば肌を過剰に刺激しなくなったからです。

吹き出物ができていた頃は、肌が汚れているからこうなるんだ!と一生懸命肌をこすり洗いしていました。

垢がたくさん出れば出るほどはだがきれいになるんだと垢すりに通っていたこともあります。

これをやめたら徐々に吹き出物が消えましたよ。

日焼け止めの選び方について

紫外線が気になる季節になってきました。

私が生活している地域は、年中を通して紫外線を常に避けられない環境にあるため、私は日焼け止めを選ぶときは「SPF35」から夏場は、必ず「SPF50」のものを使います。

しかし、紫外線カットの数値が高いからといって肌に良いわけではないです。

はりきって顔に重ね塗りをしてしまいますと、肌がつっぱってきてしまい、メイク落としでも強い洗浄力のものに頼ってしまうことになります。これは肌には負担がかかってしまいます。

私が毎年使っているのは、ファンケルさんの「サンガード50+bプロテクトUV」です。無敵な日焼け止めと自分では思ってますが、ウォータープルーフ仕様なので、市販の洗顔料では一度に落とせないという事があります。

ここで、肌が弱い方はSPF数値が低くても肌に優しいファンケルの「無添加FDR」シリーズが良いと思います。

内容量に対して、やや価格もはりますがSPF25ですし、紫外線防止はばっちりしてくれます。

私の子供がアトピー肌なので、ここのシリーズは親子で使えるのもかなり利点になってます。親子で使えるスキンケア商品はありがたいです。

気に入ったものを長く使えることが、一番肌に良いのかもしれません。

シミができたらシミ取りクリームを使うのが良いです。

シミ取りクリームランキングなどを参考に良いものを選べると良いです。

おすすめはアンプルールとかビーグレンとか。

ネットでチェックしてみるとよいでしょう。